2022年9月7日水曜日

韓国人「中国への依存が大きくなっていくアイフォン!」(韓国の反応)

 

 

米国企業の中国撤退の動きの中で、アップルが最新のスマートフォンであるiPhone 14の一部を中国外で生産することにしたが、実質的な「脱中国」までは行く道が遠いと米日間ニューヨークタイムズ(NYT)が6日(現地時間)評価した。

これまでiPhoneを全量中国で生産してきたAppleは、米中緊張高調とサプライチェーン再編の動きの中でiPhone 14製品の一部を初めてインドで作ることにした。

しかし、複数の消息筋によると、インド内のiPhone生産は中国でiPhoneを組み立てる台湾企業のフォックスコンが主導する予定であり、フォックスコンはインドでもビヤディ( BYD )など中国企業から部品の供給を受ける予定だ。

情報通信(IT)分野のリサーチ企業であるルーフベンチャーズのジン・モンスターは「アップルは(生産地)多様化したいが、これは厳しい道」とし「中国にあまり依存している」と評価した。

アップルを含め、フォックスコン、BYDなどはNYTの論評要請に特別な立場を明らかにしていない状態だ。

ポストは、Appleが中国でiPhoneを生産している15年目になって中国の寄与分がますます大きくなり、過去には米国で設計して中国で作られる式だったら現在は両国で開発される水準だと話した。

特に中国が2020年にコロナ19の拡散を防ぐために強力な国境封鎖に乗り出すと、多くの米国技術者を中国に送り、iPhoneの組み立て工程を設計する既存の方式を維持することが難しくなった。

封鎖が解放された後も、中国が入国者隔離政策を固守する中、中国出張時、2週間の隔離と4週間の勤務期間、1日1千ドル(約138万ウォン)の高い手当を掲げたにも関わらず、米国職員が中国行きを惹かれ、このため現地技術者に置き換える部分を増やしたということだ。

IT分野の雇用動向を調査するグローバルデータによると、今年に入ってAppleの中国内の求人件数は2020年一年全体より約50%増え、西欧で教育を受けた中国人がこの席を埋めていると消息筋は伝えた。

日本政策研究大学院大学のシンウィッチン教授によると、10年余り前は中国が低賃金労働者を提供する水準であり、これはiPhoneの価値金額の3.6%(6ドル)水準に過ぎなかった。

しかし、以後、中国の部品メーカーが成長し、スピーカー・バッテリー・カメラモジュールなどで外国企業を代替し、現在はiPhoneの価値金額の25%以上を中国企業が供給しているということだ。

さらに、コロナ19期間に工場を閉鎖しなければならなかった他の国々とは異なり、アップルの中国工場が生産を維持し、iPhoneの販売量が史上最大となり、アップルが高い中国依存度で恩恵を受けたとNYTは付け加えた。

 引用元:https://tinyurl.com/2jawyaqc

 韓国の反応

・半導体もほぼついてきたようですね。LEDはすでに国内事業を折った状態で28対1の速度で追ってきており、競争優位にある製品はいくつか残っていません。政治家たちの生け贄に騙され夕食のある人生と休息を探す時ではないようです。もう少し遅れば下請けを受け、昼夜もなく納品日程に追われ、納品するお世話に転落することもあります。他山地石としなければならないようです。



・ 人々が勘違いするのがインド工場で生産されるiPhoneはインド内需専用である。インドは自国生産品か輸入関税を恐ろしく殴る。(注:インドにおけるアップルのシェアは3%ほどのようです。インドで主流なのは1万円台の格安スマホのようです。)



・ ベトナムに行けばいいのですが、そこには携帯電話のインフラがあり、人材も十分です。



・ Appleが脱中国すると、サプライチェーンのためにすべての製品の価格が上昇する。



・ 中国の超強力パワー…みんな実感してないの?

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

韓国人「「習近平退け!」中国市民爆発、ゼロコロナ反対デモ拡散」(韓国の反応)

  Gerd Altmann による Pixabay からの画像  3年近く続いた「ゼロコロナ」政策に中国民心が爆発している。 厳格な統制社会のあちこちで忍耐心の土手が崩れる中、封鎖による死亡事故が相次ぐと、首都北京や上海など主要都市で25~27日、怒った住民たちが 「習近平...