2022年9月18日日曜日

韓国人「バイデンが前例のない台湾侵攻時米軍事介入示唆!」(韓国の反応)

 

8089514によるPixabayからの画像 

バイデン米国大統領が中国が台湾侵攻時に米国が直接軍事的に介入できるという立場を再確認した。 バイデン大統領はウクライナとは異なり、米軍部隊、兵力が防御に出るのかと具体的に問いかける言葉にも「そうだ」と答えた。 米国はロシアの侵攻を受けたウクライナに武器を支援するが、拡戦の可能性を懸念して直接介入を控えている。 バイデン大統領のこの日のインタビュー発言は、中国、台湾と関連した米国政府の長年の政策が変わった可能性を示唆するものか注目される。 これを踏まえ、米国は台湾に軍事支援をするが、中国の台湾侵攻時に直接介入するかどうかは明らかに明らかにしない「戦略的曖昧性」を維持してきた。 米国は数十年間このような態度を前面に出して中国の台湾侵攻を防ぎ、台湾も中国に独立を宣言できないようにする抑止力を維持してきた。

バイデン大統領は18日(現地時間)に放映された米国CBSの深層インタビュープログラムである「60分」で中国の侵攻時に台湾を防御するかという問いに「事実、前例のない攻撃があればそうする」と言った。

米国は1979年に中国と交わし、台湾と断交する際に台湾関係法を制定し、台湾に自己防御手段を提供し、有事時に介入する根拠を置いた。

中国は「一つの中国」の原則を挙げて台湾が独立国ではなく自国領土の一部として見て、これを支持する歩みに極めて敏感な反応を示した。

バイデン大統領が就任後、中国の台湾侵攻に対する軍事介入の可能性を取り上げたのは今回が初めてではない。 今年5月に日本東京で開かれた日米首脳会談の後、記者会見でも軍事介入の質問に「そうだ。それが私たちの約束」と答えた。 米国政府は「戦略的曖昧性」政策を破るようなこのような発言が出るたびに政策に変化がないと強調した。 バイデン大統領も去る5月発言後、議論が大きくなると「政策に全く変化はない」と話したことがある。 一部ではバイデン大統領が失言したのではないかという観測もあったが、中国を牽制するための意図的発言という分析がますます力を得る。 バイデン大統領は今回のインタビューでも自身は台湾の独立を支持せずに「一つの中国」原則を遵守すると明らかにした。 しかしロイター通信は、バイデン大統領の今回の軍事介入の可能性の示唆が前回より鮮明だと中国を刺激することが確実だと見ている。 米国では、大中国のマッパを中心に戦略的曖昧性戦略を廃棄しなければならないという声が大きくなっている。

彼は昨年10月、米国ボルチモアで開かれたCNNタウンホール会議で台湾防衛の有無を尋ねる言葉に「そうだ。」と答えた。

代表的大衆強硬派であるジョン・ボルトン前国家安保補佐官は去る6月台湾外信記者会見で'戦略的曖昧性'が時代に劣ると指摘した。

彼はインド・太平洋内の情勢が非常に複雑で台湾が域内安保対話の一員になってこそ、台湾・中国周辺までさらに安全になる道だと主張した。

米国軍部でも同様の診断が出たことがある。

フィリップ・デイビッドソン元インド太平洋司令部司令官は在職時代だった昨年3月、上院軍事委員会聴聞会に出席し、中国が6年以内に台湾を侵攻できると「戦略的曖昧性」を見直さなければならないという意見を明らかにした。 戦略的曖昧性に代弁される既存政策を脱皮するこの法案が上下院を通過し、バイデン大統領の署名を受けて発効するかは不透明だ。 この日のインタビューでバイデン大統領は中国に向けて他の剛性発言も注ぎ出した。 バイデン大統領は去る7月通貨の時、習近平中国国家主席にウクライナを侵攻したロシアに軍事支援をしないようにしたと明らかにした。 彼は米国と他の国々の対中国海外投資が遮断されるだろうと心を違って食べれば'巨大なミス'になると警告したと説明した。

米国上院外交委員会では台湾を同盟国として扱う台湾政策法案が14日に可決され、本会議に移った。

カットキャンベルホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)インド太平洋調整官は「戦略的明確性」に大きく否定的な面が多いと反対の立場を明らかにした。

引用元:   https://tinyurl.com/2n4djqyo

韓国の反応

・ロシアがウクライナで自爆していると思ったか。 ロシアが負けたり押された瞬間、中国の立地はとても降りていく。今回はウクライナが勝てなければ中国がしっかり降りてくる。



・ 中国がアメリカとの核戦争を覚悟することでなければ、絶対台湾を打つことができず、台湾より絶対的に優勢な軍事力を持っており、台湾を打つことができなかったのは米国のためではないだろうか。



・ 本当にこれは小中高校でも持続的に認知させなければならない内容なのに..韓国まだ戦争が終わったわけではなく、今大韓民国が半分に分かれた理由が中国、ロシアが金日成煽って6.25起こったのだということだ。まだ北朝鮮は中国、ロシアの影響を多く受けており、韓国は米国が同盟国として守っているということだ。何よりも必ず認知して​​おかなければならない事実である。さらに北朝鮮で戦争が出れば、中国は私たちの反対側で戦うが、日本は私たちの側で戦ってくれるということ。韓国の左派が親切で反米、反日することがどれほど危険なのかということも必ず知っておくべきです。



・米国がウクライナと比較して積極的に出てくる理由は、ヨーロッパとアフリカ中東から大韓民国と日本などに来て行くほぼすべての物資輸送が台湾と中国の間の海峡を来ていく。ところが、この重要な海洋輸送路を中国が台湾を食べて独占すれば?その結果は原油の大部分をまさにこの航路に持ってきて輸出で食べて暮らす大韓民国と日本の立場ではひどいことになり、まさにこのような理由で嫌韓国家台湾が嫌いでも私たちは泣き、マスタード食べることで有事時に台湾を助けるしかない。やはり、国の経済が崩れると自国の安保、経済も大きな損失を被るので積極的であるしかない。



・ 中国が愚かではなく、台湾侵攻ができなかった場合、香港も独立を発表することができます。



・ アメリカは自信を持っています.....ロシアは私のようです...。



・ 私たちが受けた中国の肺炎よりもはるかに強力で禁止されている化学テロを期待しています。あるいは、白リン爆弾と核で中国を溶かしてください。



・世界大戦の勃発まで、いくらも残っていないのか!



・ 中国が台湾を打つ時、あまく見ているようだが、台湾を食べた後は韓国の番だ。すでに中国は計画通りチベット、身長を食べ、香港を食べた後、台湾を食べようとする。その後は北朝鮮の金正恩に城主座を与え、韓国まで統一する。今でも経済予速化させようと我が国に投資多くするんだ~経済で持って遊ぶじゃない。どうせ統一させれば疲れたから中国はお金を武器でコントロールするんだし。私たちは良いと言われて遊びます。



・ 米国がウクライナに後ろに韓国武器リスト渡して公開的に韓国に武器要請したが、人道的支援以外は今後ロシアとの関係を考えて絶対に殺傷兵器は支援してはならず、台湾侵攻をとにかく言葉だけで、韓国の若い兵士を無駄な戦争に送ってはいけないようだ。



・ アメリカは戦争をするにはアメリカ大陸でやりましょう。



・ その認知症患者が同盟国たちに備蓄油を持っていると脅迫したとき、すでに終わった。



・ アメリカは自国に必要な半導体も手に入れ、武器も売って食べてる。



・ 中国が台湾を侵攻すれば米国が介入するしかないのは、台湾は自由陣営だからだ…………台湾を出せば自由陣営の立地は狭くなる……。 ........香港を見てアメリカは悟りを得ただろう............。



・ ウクライナがロシアに対等に戦って反撃までしているのにロシア装備のコピーの中国の軍事力で台湾を?さらに、海を渡って戦わなければなりませんが、これは中国軍の殺害が有力です。



・ 中国が台湾を攻撃するとすぐに…世界が中国を攻撃しなければならない…。特に韓国日本は積極的に中国を攻撃して…。韓国の道を探さなければならない。



・ 台湾は米国が防御しても韓国に火が飛び出して戦争発生時に米国の積極的な介入はしないだろう。中国とロシア国境が北朝鮮と対抗しており、米国は第三次大戦を意識して戦争をすれば韓国を放棄して台湾と日本へ初めて集中するだろう。韓米同盟条約を見ると、韓国に戦争で米軍が死亡すれば介入が可能だが、その前に兵力を台湾に移動すれば米国には韓国への軍事介入回避を与える。前哨基地は状況によっていつでも諦めることができるが、台湾は中国の太平洋進出の入り口だ。



・ 一つの中国は台湾による一つの中国だ。



・ ちょっと怖くて挑発できない。挑発してから地図からなくなる覚悟しろ!



・ ウクライナの戦争を終わらせようとしているので、アメリカは中国を始めようとしています。やめてください。そんなに強大国のせいでクジラの戦いにエビなどが出ると小さな国々は大変に死ぬだろう。



・ 第三次大戦の序幕だ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

韓国人「「習近平退け!」中国市民爆発、ゼロコロナ反対デモ拡散」(韓国の反応)

  Gerd Altmann による Pixabay からの画像  3年近く続いた「ゼロコロナ」政策に中国民心が爆発している。 厳格な統制社会のあちこちで忍耐心の土手が崩れる中、封鎖による死亡事故が相次ぐと、首都北京や上海など主要都市で25~27日、怒った住民たちが 「習近平...