2022年10月15日土曜日

韓国人「出産準備金を新設する日本、結局日本は消えるだろう」(韓国の反応)

 

miran jungによるPixabayからの画像 



日本政府が低出産問題を解決するために新しい出産奨励政策を出す計画だ。15日、読売新聞によると、日本政府は「出産準備金」を新設する案を推進している。出産準備金は自治体に妊娠申告書を提出して母子手帳を受けたすべての女性に提供される。子供1人当たり10万円(約97万ウォン)相当のクーポン形態で支給する予定だ。

このような支給方式は、出産・子育てに関連する物品やサービスだけを購入するよう制限する意図で解決される。新聞によると、このクーポンで出産前後におむつやベビーカーなどを購入したり、産後のケアなどを受けることができる。日本政府はまた、保健人材が出産女性と一対一相談をする制度も作る方針だと明らかにした。

先にも日本では出産を奨励するために多様な政策を設けたことがある。代表的に女性が出産すれば子供1人当たり42万円(約407万ウォン)を与える「出産育児一時金」制度がある。また、出産後は子供が満1歳になるまで子育て休職で月給の約50~70%を受けるようにした。

これは、日本の出生児の数が減少し続ける状況による。昨年、日本の出生児数は81万1604人で、関連統計作成以後歴代最低値を記録した。2020年と比較すると2万9231人減った。

日本の合計出産率も昨年1.30人で6年連続減少した。合計出生率は、ある女性が妊娠することができる期間に産むと予想される平均出生児数を示した指標だ。経済協力開発機構(OECD)基準によると、合計出産率が2.1人以下の場合は、低出産、1.3人以下の場合は超低出産に分類される。

これに加え、結婚意思のある日本未婚女性たちの希望の子ども首都関連集計が始まって以来、初めて2人選を下回るとみられ、低出産問題に対する懸念が一層大きくなった。

このように急激な人口減少を経験する日本の状況を置いて、イロン・マスク・テスラ最高経営者(CEO)は「出産率が死亡率を超える変化が発生しなければ結局日本は消えるだろう」と指摘した。

料理私たち新聞も「国立社会保障・人口問題研究所が2017年に発表した人口推移より人口減少速度が10年も早い」とし「養育に伴う経済的負担を減らさなければ経済活動人口も減少する」と指摘した。

引用元: https://tinyurl.com/2njvjnha

韓国の反応

・韓国は出産率が低く、問題があるようです...。



・ 日本より韓国が問題だ。私たちの心配からしろ!



・ この国はもっと早く消えそうです。



・ 出産時に1億株を与えれば出産率上がる~ 恥ずかしい福祉のせいで若い人が出産をやめている。だからただお金の額を上げてみて。



・このまま行くと私たちが先に消えてしまうだけ!



・日本よりも早く消える国が韓国だ。政治家たちは未来の心配はなく、すぐに次の総選挙にまた国会議員をできるか悩むばかりの国だ!今は12年16年20年選挙活動をしながら大韓民国の国益より自分の国会議員のほっぺに没頭する政治家が発言を高めながらただ国会議員の地位を守る世界です。



・ まだ出産休暇を使う人は社会生活を放棄した人扱いをする韓国社会です。妊娠した女性を女性がより燃やす社会。女性が自分の未来をあきらめなければ妊娠できない社会。いくら良い政策を注いでも、人々の意識が変わらなければ変わることはできません。



・ 出産すると生活してはいけないからです。昔、ベビーブーム時代は男はお金を稼いで、女性は家事で出産子育て担当なので役割分担が決まったが、今は男も働き、女も働いて子育てをする主体が消えて何を広げてもダメだ。



・ 妊娠しても働いていける職場、そして子育て休職を自由に使える雰囲気、子育て休職中にも経済的困難を心配しないほどの休職給与、そして…子供が少し大きい後に気をつけて任せて職場に通うことができれば。赤ちゃんを産んだら犠牲にする必要が多すぎます。被害を受けているのではないか常に心配しなければなりません。出産を勧めるのは難し韓国です。



・ 韓国の出産率と正常にするには、与野党を問わず、現国会議員が消えて新たに選ばなければならない。



・ 日本の人口は1億を超える。これに半島にならない大韓民国の合計出産率はみんな知っているだろう。1人出産時、1億ウォンを支給してもよいのではないか?出産後10年間毎月100万ウォン支給したら今より良くなったようだが..根本的な問題は雇用、生き生きとした環境を作らなければならない…。



・ 今、出産率を見れば日本より韓国が先に消えると思いますが。日本人口1億2547万人、韓国人口5146万人/日本出産率1.3、韓国出産率0.7です。



・ 一時的な支援金よりは、働く女性が子供を育てるためにより良い環境を作っていただきたいです。 職場内保育施設とか。



・ 我が国も大事!政府が先頭に立って遅く出勤し、早く退勤できるようにしてください。



・ 出産率0.6国が出産率1.3倍以上の国を心配する記事を見ているwww。



・ 私たちは今年0.7台で、これさえもブレーキなしで降り続けている。誰が誰を心配するのか、韓国は低出産の世界1位だ。



・ 日本や韓国がなぜ出産率が低くなるのか、どう解決するのか..本当に分からないようだ。東京やソウルじゃなく、地方で家を買っても3億を超えるが賃貸費用や、利子を払って子ども育てて..未来が見えますか?だから結婚せず、愛情を置いていない…では、政府はどうすればいいですか?住宅価格をどうにかする必要はありませんか?



・ 日本に住んでいる青年です。日本の出産率は1.34です。韓国は0.81です。



・ 日本の状況は韓国よりも悪い。



・韓国が先に消えるようだ。最近政治する人間を見れば韓国人絶滅は時間の問題だ。

 



0 件のコメント:

コメントを投稿

韓国人「K2技術で作られたチュルキエアルタイ戦車量産開始」(韓国の反応)

K2戦車の技術移転で作ったチュルキエ主力戦車「アルタイ」2台が出荷、3月23日にトルコ陸軍へ渡される。 韓国から技術移転を受けたが、相当部分現地の状況に合わせて変更してK2黒豹とは異なって見える。 装輪も6個から7個に変更。重量も10トン重くなった。 自動装填装置よりも手動装填を...