2022年9月17日土曜日

韓国人「韓国は既に中国の土地?」(韓国の反応)

 

Markus WinklerによるPixabayからの画像 



政府が今はまったく存在しない外国人の住宅保有状況関連統計を生産・管理し、来年第1四半期から公表する。

12日、国土交通部がパク・サンヒョクとともに民主党議員室に提出した主要事業別2023年予算案によると、来年度住宅及び住居動向調査関連予算178億ウォンのうち3億ウォンが「外国人住宅保有調査」予算に割り当てられた。政府が外国人住宅保有調査予算を編成したのは今回が初めてだ。

国土部は、予算要求理由と関連して「外国人の投機性不動産取得に適切に対応するため、地域別、用途別、種類別(外国人の住宅)保有状況に関する具体的な調査及びデータ構築のために」と説明した。

政府は現在外国人の土地保有・取引関連統計を6ヶ月周期で生産しているが、住宅関連統計は生産していない。このため住宅関連統計の生産必要性に対する指摘が持続的に提起された。

特に住宅価格が急騰し、投資熱風が吹いた昨年や昨年のインターネット不動産コミュニティなどでは「内国人は住宅担保ローン制限や多住宅者に対する取得税、保有税、譲渡所得税中科など各種不動産規制の適用を受けるが、外国人はこのような規制から抜け出している。 「と「逆差別論議」が起きた。

国土部はこれと関連して今年6月関係省庁合同外国人の投機性不動産取引企画調査を実施すると明らかにし、2020年から今年5月まで全国で行われた外国人の住宅取引(分譲券含む)2万28件のうち半数を超える1万1件が投機性取引と疑われると明らかにした。

このうち米国国籍の40代A氏は国内でマンション45軒を買い入れ、調査対象に上がった。A氏は3つのアパート団地でのみ、それぞれ7軒のアパートを買い入れたことが示され、投機性取引ではないか当局が調査している。

京畿道のあるアパートを購入した中国国籍の8歳の子どもとソウル江南の住宅を105億3000万ウォンに買い入れた欧州国籍のB氏に対してもそれぞれ便法贈与や名義信託ではないか、また住宅購入資金を海外で不法に入れたのではないかなどに対する調査が進行中だ。

国土部は進行中の関連研究用役を今年年内に終え、外国人住宅取引関連統計をデモ生産した後、検証を経て来年第1四半期の国家承認統計で公表するという計画だ。パク・サンヒョク議員は「外国人住宅保有統計生産を通じて外国人の投機性住宅取引に対する検証を強化し、既存統計と連携して不動産政策に適切に活用しなければならない」と述べた。

 日本は外国人が日本の土地をどれくらい所有してるかデータとして管理してないそうです。マイナンバー導入でそういうところも管理してほしいところです。

 ilbeからの引用です。

 韓国の反応

・忠清と断交が答えである。



・ 済州島の資本はほとんど中国の資本です。



・ 中国の資本だけが抜けても住宅価格ははじけますか?



・外国人も投機調査しなければならない。中国、アメリカ、香港人などだ。



・ところで、済州島知事で中国人が土地を買えば永住権あげた方が今どの席にいらっしゃるか?

(注:韓国では済州島で一定額の投資をすると永住権が与えられるという移民政策を行っているようです。それで2009年から2014年まで投資額が296倍に増え、外国人の保有する土地が済州島の43%まで増えました。)



・ チャイナマネーから抜け出すべきだ。



・ これはファックです。



・ ムンジェインの民主党は今まで統計調査もしていないの?



・ 私たちの土地私たちの国を守ろう!



・ 実際に使用するのではない場合、公示地価の1.5倍程度を与えて強​​制没収する必要があります。



・ 中国の夢などは韓国で根を引くべきです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

韓国人「「習近平退け!」中国市民爆発、ゼロコロナ反対デモ拡散」(韓国の反応)

  Gerd Altmann による Pixabay からの画像  3年近く続いた「ゼロコロナ」政策に中国民心が爆発している。 厳格な統制社会のあちこちで忍耐心の土手が崩れる中、封鎖による死亡事故が相次ぐと、首都北京や上海など主要都市で25~27日、怒った住民たちが 「習近平...