2022年9月2日金曜日

韓国人「白菜78%、きゅうり69%価格高騰!食べて生きることが怖い」(韓国の反応)

 

chengzhuによるPixabayからの画像 

8月の消費者物価上昇率が5%台を記録し、物価上昇税が7ヶ月ぶりに一括破った。しかし、食品や外食、公共料金など「民生物価」は依然として2桁の高騰進行をしている。

統計庁が2日に発表した「8月の消費者物価動向」によると、先月の消費者物価指数は108.62(2020=100)で、1年前より5.7%上がった。伝達人7月の6.3%と比較すると0.6%ポイント下落した。

消費者物価上昇率が前月を下回ったのは今年初めてだ。

高騰した物価上昇傾向が鈍くなったのは、国際原油価格の下落で石油類価格上昇幅が前より縮小した影響が大きい。

8月の石油価格は19.7%上昇した。上昇幅は依然として大きいが、7月の上昇幅(35.1%)よりは減少した。石油類の上昇率は去る3月31.2%を記録した後、7月まで5ヶ月間30%台を続けてきた。

これにより、原油価格の影響を多く受ける工業製品価格の上昇傾向が鈍化した。工業製品の上昇幅は7.0%で先月8.9%より下がった。

原油価格引き下げで物価上昇勢は淫らだが、古物価基調は続いている。農産物価格の上昇傾向が目立った。農産物の上昇幅は10.4%で前月(8.5%)より拡大した。

農産物の上昇率は昨年6月(11.9%)以後最高水準だ。27.9%上昇した野菜類が農産物価格の上昇を導いた。白菜( 78.0 %)、キュウリ( 69.2 %)、ネギ( 48.9 %)などの価格が急騰し、野菜類の上昇率は2020年9月( 31.8 %)以後最高値を記録した。

外食上昇率(8.8%)も1992年10月(8.8%)以来、最も高い数値を示した。チキン(11.4%)、刺身(9.8%)などの価格が外食価格を引き上げた。

1年前に比べて食料品・非酒類飲料、食品・宿泊、住宅・水道・電気・燃料、交通などすべての項目で価格が上がった。

公共料金引き上げの余波で電気・ガス・水道は15.7%上昇した。電気料(18.2%)、都市ガス比(18.4%)、地域暖房費(12.5%)、常水塗料(3.5%)が一斉に上がった。

よく購入する品目中心で構成され、体感物価に近い生活物価指数は6.8%上がった。物価の基調的流れを示す根源物価(農産物及び石油類除外指数)の上昇率は4.4%を記録した。

イ・ファンソク韓国銀行副総裁はこの日「相当期間5~6%台の高い上昇を続けると予想される」と明らかにした。

引用元: https://tinyurl.com/2josv8hf

韓国の反応

・来年はこれより上がります。



・ 暴騰ではなく、この頃、白菜はいつも高価な年に毎回別の作物を選び、農家が儲けようとして白菜が植えられ始めると、どんどん落ちる。



・ 対策はありません。



・ 最低時給が暴騰したから物価上昇は当然の結果だ。早急に上げないで、流通構造からつかんで物価安定から行こう。



・ 前政権が作った世界だ。



・ 高価なときは食べません。



・ キャベツは一年中チキンのように出ますか?農作物が時期ごとに価格変動が大きいのは当然だったのですが。



・ どんな政府も農産物流通だけよく整備しても成功したのですが、毎日農民は豊年になると植え替え、農家が儲かると都市民が死んでオランダのような農業行政が必要なのに農民を政府が放置したのだ。



・ このような世界的経済の流れを予測しないで最低賃金が上げられて、他の国よりも後遺症がはるかに大きい…。



・ 高価なのになぜ食べるの?



・ 食べて生きにくい!この政権は本当に答えがない!みんな価格を引き上げながら企業所得は減免する改革なのかもしれない!

0 件のコメント:

コメントを投稿

韓国人「「習近平退け!」中国市民爆発、ゼロコロナ反対デモ拡散」(韓国の反応)

  Gerd Altmann による Pixabay からの画像  3年近く続いた「ゼロコロナ」政策に中国民心が爆発している。 厳格な統制社会のあちこちで忍耐心の土手が崩れる中、封鎖による死亡事故が相次ぐと、首都北京や上海など主要都市で25~27日、怒った住民たちが 「習近平...