2022年9月23日金曜日

韓国人「10月に韓国に来るiPhone14、サムソンはどうなる?」(韓国の反応)

 




アップルの下半期のフラッグシップフォン「iPhone 14」シリーズの韓国発売日が来る10月7日に確定した。「ギャラクシーZ」フォルダブルフォン新製品を出したサムスン電子とプレミアムスマートフォン市場をめぐる一転が避けられない見通しだ。

24日業界によると、アップルはiPhone 14 4種(一般型・プラス・プロ・プロマックス)とアップルウォッチ8シリーズ、アップルウォッチウルトラを来月7日に国内発売する。

これまでアップルは新製品を発売するたびに「韓国ホールデロン」に包まれた。今回のiPhone 14シリーズも同様の指摘を受けた。去る8日iPhone 14を初公開した以後、米国・イギリス・中国・フランスなど30余り1次発売国は9日から事前注文、16日から店頭販売が始まり、マレーシアなど20余り2次発売国でも23日から購入が可能だった。

事実上韓国は「3次発売国」に押されて9月を越えてこそiPhone 14が訪れるようになったわけだ。高為替レートの問題により、発売価格が予想以上に高かったことを置いても否定的な評価が出てきた。iPhone 14の韓国発売価格は▲一般型125万ウォン▲プラス135万ウォン▲プロ155万ウォン▲プロマックス175万ウォンから始まり、最高価モデルのプロマックス1TBモデルは250万ウォンに達する。

ただし一部では、アップルが他の国に比べて韓国の新製品発売日などを延期するのは避けられないことだと主張する。韓国がいわゆる「サムスン共和国」と呼ばれるほど、サムスン電子スマートフォンの強勢が強いため、本場である米国をはじめ、中国・日本などアップルが強勢の国家に集中するしかないという分析だ。さらに昨年末、触発された部品需給難などが続いてこのような傾向をより強くしたという観測も出ている。

グローバル市場調査会社のカウンターポイントリサーチによると、今年第2四半期全世界のスマートフォン市場でサムスン電子は21%、アップルは16%のシェアを占めた。サムスン電子が1位を占めているが、格差がそれほど大きくなく、プレミアムフォン市場ではなってAppleがサムスン電子を圧倒している。一方、第2四半期の国内スマートフォン市場では、サムスン電子77%、アップル21%で3倍以上の差を見せる。

これに先立ち8月に発売されたサムスン電子のギャラクシーZフォールド4とフリップ4は、事前販売から巡航を続けていることが分かった。国内事前予約量も歴代フォルダブルフォンシリーズの中で最大記録であり、米州・ヨーロッパ・東南アジア・南米など海外市場でも販売量が前作比1.5~2倍ほど増えたと集計された。サムスン電子は今月29日、日本、11月中東・アフリカ市場で第4世代フォルダブルフォンを発売する計画だ。AppleがついにiPhone 14の韓国発売日程を公式化し、サムスン電子とAppleの下半期のフラッグシップフォン対決が本格的に始まる見通しだ。AppleはこれまでiPhone新作が発売された直後の第4四半期ごとに20 %台にとどまったシェアを30 %に大きく引き上げ、サムスン電子の亜性を脅かしたことがある。アップルが多少遅れて発売されたiPhone 14の人気に支えられ、もう一度反騰に出るか帰趙が注目される。

業界によると、今回のフォールド4とフリップ4は国内市場より海外市場でより大きな成長傾向を見せているという。第3世代フォルダブルフォンまでは比較的ぬるましい反応を見せた海外市場とは異なり、国内ではすでに昨年からフォルダブルフォンの人気が大きく上昇したことの基礎効果と見られる。

引用元:   https://tinyurl.com/2k5kueh4

韓国の反応

・Apple Payに入ると終わりです。



・ 相手にできません。



・ iPhoneの圧勝です。



・ iPhone 4sから始めて、初めて事前予約ということをしてみた。



・ 一ヶ月ぶりに出てくる理由は果たして何でしょうか?笑。



・ ギャラクシーだけが10年書かれていますが、iPhoneに変更すると適応できません。



・ アイフォンは単価が高すぎる……。



・ もう国内市場もiPhoneに最低10%以上出せるのか?アップルペイ入ってください。そして私たちはすでにこの結果を知っています。プレミアム市場シェアは90%がiPhone。1%がギャラクシー。今年も大きく変わらないようだ。



・ とにかくAppleの勝ちです。



・ 米国より韓国がiPhone14が安い。そんな情報はなぜか。



・ 韓国でもライバルでも海外でも相手もダメだ。



・ どちらも生態系が明確であえて?という感じだろう。シェアは大きく変動しないようですが、重要なのは既存のAppleユーザーが変わるかどうかです。



・ グローバルでは、10倍のチャイナも国内限定のライバルではありません。

(注:中国での2022年第1四半期でのシェアはアップル17.9%で、サムソンはその他の3.8%以下になっています。中国では中国メーカーが圧倒的に売れています。)



・ 今、デザインもサムスンに押されて部品もサムスンを使っている会社ですが…今回のクアルコムと8プロの差が出ていたが、4年連続で世界販売量サムスンに開発されたが、格差がさらに広がるようだ。



・ 価格が高い最新電話は必要ありません。だから2年前の価格の安いスマホでも十分使えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

韓国人「「習近平退け!」中国市民爆発、ゼロコロナ反対デモ拡散」(韓国の反応)

  Gerd Altmann による Pixabay からの画像  3年近く続いた「ゼロコロナ」政策に中国民心が爆発している。 厳格な統制社会のあちこちで忍耐心の土手が崩れる中、封鎖による死亡事故が相次ぐと、首都北京や上海など主要都市で25~27日、怒った住民たちが 「習近平...