2022年7月13日水曜日

韓国人「金融警察がまたもインサイダー取引?!「誰を信じるのか」金監院職員、また法違反して株式投資」

 

複数口座で売買… 取引内訳・遺贈参加事実も隠して
「金融検察」信頼も墜落… 内部統制ハスル指摘 

 

金融監督院職員がまた資本市場法と内部規定に違反して株式投資に乗り出したことが明らかになった。「金融検察」と呼ばれる金監院は、金融会社の役職員の株式投資制限規定に対する遵守可否を監督し、過怠料賦課や減봉などの措置を行う機関である。 

金監院役員らは過去にも過度な株式投資で懲戒を受けたことがある。ところが今回もまた同様の事例が出​​てきて監督機関として金監院の信頼が底に墜落したという指摘が出ている。

13日金融当局によると、金監院職員9人が資本市場法と内部規定に違反して株式投資をしたことが分かった。これに金融委員会は第9次定例会議でこれらに対して過怠料を賦課したり免除した。去る5月11日に行われたこの議決は今月11日に公開された。

金監院職員は金融投資商品(以下株式)投資に制限を受ける。金融監督機関として市場の核心情報を一般人よりも早く触れることができるうえ、投資企業の株価に多大な影響を及ぼす制裁及び監督権限を持っている。 

これは資本市場法としても規定されている。資本市場法第63条1項第441条によれば、金融会社の役職員の株式売買は一連の制限を受ける。株式投資の際、自分の名義で、一つの証券会社だけを選択し、やはり一つの口座だけで売買しなければならないのだ。口座開設の事実と売買仕様を四半期ごとに所属機関に明らかにすることもここに含まれる。これは金融委員会所属公務員と金融監督院の役職員にそのまま準用される。

しかし、金監院職員Aは、ある証券会社で口座を開設して利用していた中、他の証券会社2カ所にそれぞれ口座を追加して、計3つの口座で株式投資に乗り出したことが分かった。金融委はAに過怠料250万ウォンを課した。

他の金監院職員Bも1つの証券会社口座に株式を保有しても、別の証券会社で口座をまた開設して株式投資に出たことが確認された。職員CとDはそれぞれ本人名の口座を利用して自己計算で株式を売買し、金監院に口座開設事実は申告したが、四半期ごとの売買明細を報告しなくて問題となった。職員EとFは、株式投資以後、金監院に口座開設の事実と四半期別売買仕様を通知したが、売買取引1件に対する報告は欠けていることが明らかになった。 

金融委はこれらの従業員B~Eに一括して過怠料50万ウォンを課した。ただし、職員Fの欠落取引は100万ウォン未満の1件で、金融委は「些細な不注意による違反行為」と判断し、過怠料賦課を免除した。 

また別の金監院職員GとH、Iの場合、株式投資事実と口座開設事実、四半期別売買仕様は報告したが、1件の有償増資は参加した事実に欠けて問題となった。ただし金融委は職員Gにのみ過怠料20万ウォンを賦課した。職員HとIにはまた過怠料賦課を免除したが、Hは新入社員として最初の取引で違反事実が発生した時点で、これを自主申告した点などが参作事由となった。Iの場合、欠落取引1件に金額が100万ウォン未満という点を金融委は免除事由とした。

金監院役職員が資本市場法などを破って株式投資をして制裁を受けたのは今回が初めてではない。江民国国民の力議員によると、昨年3月基準で最近3年間の資本市場法に違反した株式投資で懲戒と警告・注意を受けた金監院職員は121人に達した。 

これは金融会社の内部統制不良を監督して制裁する金監院が、「家の取り締まり」には無能だったことを示す単なる事例との評価だ。金融投資業界の関係者は「外には刀を振り回して金監院自らは内部統制をきちんとできないということ」とし「こうした事例が繰り返されれば金融会社も金監院を信頼できないだろう」と話した。

 NAVERからの引用

 韓国人の反応

文在寅政権でどれほど平凡になって勤務をしたのか。

 

 

・ あんな機関が本当に監督するよ。



・ムン・ジェイン政権で積弊清算で新しい国建設すると騒ぐと、文本人は自国民を殺害するように仕事をして、北朝鮮脱出難民は犯罪者に変身させて死ぬように捨てて、遠く中東には恩着せがましくしてチャーター機まで送って難民受け入れと、政権にこびた人々は徹底的に恥部に血眼だったのに、ついに国防、行政、金融等等どこにも朽ちた露出が積廃清算の主張以前よりもひどく据えてしまった。目に届くたびに腐って腐敗して荒廃したから…。



・LH事件と似てるよ。(LH事件:LH(韓国土地住宅公社)職員たちによる公共住宅事業で建てたマンションを利用した土地投機事件、この事件を文大統領がもみ消そうとしていた)詳細記事

 

 

・ 金融監督院を解体して新しく始めよう。 これが金融検察だとふふ。




・内部統制で金融会社監査に出て行って自分たちはこういうことをしてるとは。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

韓国人「K2技術で作られたチュルキエアルタイ戦車量産開始」(韓国の反応)

K2戦車の技術移転で作ったチュルキエ主力戦車「アルタイ」2台が出荷、3月23日にトルコ陸軍へ渡される。 韓国から技術移転を受けたが、相当部分現地の状況に合わせて変更してK2黒豹とは異なって見える。 装輪も6個から7個に変更。重量も10トン重くなった。 自動装填装置よりも手動装填を...