2022年8月7日日曜日

韓国人「トヨタは電気自動車のリコールでもう終わりだ!」(韓国の反応)

 

Markus ThomasによるPixabayからの画像 

「車輪が落ちる電気自動車」

リコールを超えて払い戻し、トヨタの受難時代だ。品質を掲げて内燃エンジンの絶対強者を占めたトヨタが電気自動車では屈辱を免れていない。初の専用電気自動車bZ4Xが走行中に車輪が外れる恐れがあり、全車のリコールを宣言したのに続き「全額払い戻し」カードまで取り出した。完成車業界ではその後、テスラ・現代車グループにも追われている。

 

eTOLANDからの引用です。

韓国の反応

・日本車の神話は操作された虚構だったというのが、近年続々と明らかになっている状況なんだよ。



・ 車輪が外れるのか?



・ 日本車がいいという話も正直2000年初めまでではないですか?



・ 全量リコールに全額返金してくれるのはどこなんです? 私たちの誇りに思っているヒョンダイは電気自動車が発火して人を死んでも 静かですよね。



・ それでも相変らず販売量は1位でしょう。トヨタが没落するにはひとまず販売量から押し退けなければならないです。



・とにかく電気自動車は間違いなく押し退けることはできましたよ。 でも内燃機関などの既存の技術はまだまだ距離が遠いです。



・ トヨタの販売量は減っているのがファクトです。



・ あれは中国のBYD電気自動車にトヨタのがわをつけた自動車です。



・ それでも全額払い戻しはしてください。



・ テスラは燃えて死んだら補償してくれますか??



・ テスラも車輪が抜けていたようです。 電気自動車は車輪軸構造がエンジン車とは大きく違うんですか?(注:テスラは販売した車のブレーキホイールが付け忘れていた問題がでていました。)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

韓国人「「習近平退け!」中国市民爆発、ゼロコロナ反対デモ拡散」(韓国の反応)

  Gerd Altmann による Pixabay からの画像  3年近く続いた「ゼロコロナ」政策に中国民心が爆発している。 厳格な統制社会のあちこちで忍耐心の土手が崩れる中、封鎖による死亡事故が相次ぐと、首都北京や上海など主要都市で25~27日、怒った住民たちが 「習近平...